• 園長挨拶
  • 園紹介
  • 保育内容
  • 年中行事
  • アクセス
  • 入園案内
  • お知らせ
  • スタッフ募集

お知らせ

【今月の園だより】2月号より

 3学期最初のお楽しみである「おもちつき」では、たくさんのつき手の登場と、父母会役員の方々を中心に多くのお手伝いのご協力のもと、最後の仕上げをついた子どもたちによって、普段味わえない格別のおもちを食すことができました。誠にありがとうございました。
 また、22日午後から23日未明までに降った大雪は30㎝近くもあり、安全第一を考え23日は休園と致しました。翌日に登園した子どもたちは、『まるで北海道だ』という声があがる程の“銀世界”の中で、雪合戦・かまくら作り等を楽しむことができました。ただ、大人にとっては雪かきやスリップ等の心配で大変でしたが、、、 そして今、園庭は“田んぼ”のようです。
 2月には、さらに経験してほしい伝統行事「節分の豆まき」があります。園では、前日の2日に園庭で目刺しを焼いて食し、各クラスが豆まきを体験します。心の中に潜む様々な鬼(おこりんぼ鬼・わがまま鬼など)を追い出すために豆まきをします。
 もうすでに、1月の下旬より2月6日(火)の「子ども会」に向けて、年少組・年中組は活動が始まっています。
 年少組は、ふだんの生活の場である保育室を会場として保育者が中心となり子ども一人ひとりのイメージの世界を尊重しながらおこないます。文字通り、自分の内にあるものを外に向かって出している姿をご覧頂きたいと思います。
 友だち関係が深まった年中組は、見てもらうことも意識して一歩進んで舞台の上で、保育者と子どもたちが相談し合いながら、クラスの仲間とイメージを共有し物語の流れを理解して自分で選んだ一つの役になりきります。    このように、それぞれの年齢に応じた課題を持って、自分らしさを出して表現できる「子ども会」であることを意図しています。自分を出し見てもらうことで満たされ、心は安定していきます。
 年長組もまだまだたくさんの活動があります。現在、造形の松澤先生と一緒に卒園製作の陶芸にすでに取り組んでおり、さらに音楽参観も予定されています。
 一年の内で一番寒い月となり記録的大寒波のためインフルエンザが流行っています。手洗い・うがいの励行に心掛け、元気に過ごしていきたいと思います。宜しくお願い致します。

『平成30年度 わくわくクラブ』のご案内

来年度入園予定のお子さんを対象に「わくわくクラブ」の活動を行います。お子さんに公園の遊び等以外にも、もっといろいろな体験をさせてあげたい、保護者の方ご自身の交流をもっと深めたい…そうした思いを幼稚園という場が少しでもお手伝いできればと思います。また、月に1回程度ではありますが、大泉学園幼稚園の雰囲気や保育の様子に触れ、園の教育方針をご理解、ご賛同いただければ嬉しい限りです。

以下、詳細をご覧下さい。ご不明な点があれば、どうぞお気軽にご連絡ください。

【申込方法】平成30年5月頃、登園園庭にて、64部限定で申込書付きの手紙を配布する予定です。詳しい日時は、平成30年4月頃、決定し次第ご案内します。

【対象年齢】平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれのお子さん

【募集人数】定員64名。先着順。(定員になった場合は、キャンセル待ち)

【活動時期、時間】
5月末~11月頃の期間中、月に1回程度、計5回活動予定。
活動時間は 午前10:00~午後12:00の間、1時間程度。(活動内容によって、異なる場合あり)

お子さんの発達を考え、安心して遊べるよう、保護者の方も一緒に親子で参加していただきます。季節を感じたり、ご家庭ではなかなかできない遊びをやったり、お子さんも保護者の方も一緒に楽しんでいただけたら、と思います。活動後には、お子さん向けに園で簡単なおやつもご用意致します。

【場所】大泉学園幼稚園(活動によっては園外で行う場合もあり)

【参加費】1回300円(材料費・おやつ代表を含む)

▲ページの先頭に戻る